動画投稿サイトで活躍する男性歌い手 “ amu ” の2ndアルバム !

動画投稿サイトの “ 歌ってみた ” カテゴリで活躍する男性歌い手 “ amu ” の2ndミニアルバム。
1stアルバム 『step on』 (1/18発売)では、
ロックテイストをコンセプトの中心に据えつつ、バリエーション豊かな楽曲を披露。
今回のアルバムでも女性キーまで楽々と歌いこなす高音を活かし、
安定感のある歌声で様々な楽曲を披露する。

amu個人としての認知度も、ソロ活動を始めたことで順調に上昇中。
投稿サイト内のファンコミュニティは59218人、
彼が不定期で放送しているWebラジオは累計180万人以上の来場者数を数えている。 (2012年3/30現在)

今作でも、
カバー曲とオリジナル曲のあわせて計8曲を収録予定。

<収録曲>
01. bullet
  作詞・作曲・編曲:砂守岳央(沙P)
02. プロパガンダ *カバー曲
  作詞・作曲・編曲:カラスヤサボウ
03. 501
  作詞・作曲:□しろくろ■ 編曲:wasshoi's
04. ハルシオン
  作詞・作曲・編曲:PolyphonicBranch
05. ALICE iN BLACK MARKET *カバー曲
  作詞・作曲・編曲:LIQ
06. egoistic lovers
  作詞・作曲:ダルビッシュP 編曲:ダルビッシュP & wasshoi's
07. celluloid *カバー曲
  作詞・作曲:baker 編曲:松岡美弥子
08. アメノチフタリ
  作詞・作曲:amu 編曲:V系うどん職人

有錯請指教~
轉貼請先告知 謝謝:)

   01.bullet

モノクローム
街は今日も嗤う
何も持たない
小さな僕の右手

それでも
生まれてきたその意味を
取り戻すために

嘘つきたちの
言葉で出来た 蜃気楼(しんきろう)
この瓦礫に
心を今、今、解き放て
a bullet in my heart
世界を変える一撃を
この 銃声(うたごえ)よ
高鳴れ遠く遠く誰かの胸に

僕のままで
撃ちぬこう、さあ、未来を

時計が
すべてを夢に変える前に
痕残(きず)すために

壊れかけの
体も軋(きし)むままに
空を裂いて
     
遥か無限遠、 穿(つらぬ)け
a bullet in my heart
命をかけた一撃を
この 銃声(うたごえ)よ
響いて遠く遠く貴方の胸に

モノクローム
錆びた風が吹く街で
生きていこう
僕を動かす 銃爪(ひきがね)

嘘つきたちの
言葉で出来た蜃気楼
この瓦礫に
心を今、今、解き放て
壊れかけの体も軋むままに

空を裂いて
遥か無限遠、穿(つらぬ)け
a bullet in my heart
世界を変える一撃を
 
この 銃声(うたごえ)よ
高鳴れ
さあ、今、未来を撃て

   02.プロパガンダ

最近流行のスタイルでかためて
右も左も同じか?諸君

強い刺激に脳までやられたのかい?
表面だけを求める諸君

中毒患者(じゃ)が求めた薬は 同じような音
そして君は暴力的な快楽の奴隷(どれい)かい?

Rise up people!!It's the day to say goodbye to the fools!!
判断停止馬鹿の 証拠(しょうこ) 軽薄な見世物の餌食!
Hey you junky, it's the time to wake up and realize!!
中毒患者目を覚ませ!Make thumbs down! and 思考セヨ!

中毒患者が求めた薬は 同じような音
そして君も暴力的な快楽の奴隷かい?

Rise up people!!It's the day to say goodbye to the fools!!    
偶像(ぐうぞう) 崇拝(すうはい) 思考停止 "神様"を称(たた)えだす!

Hey you junky, it's the time to wake up and realize!!
             
中毒患者目を覚ませ!盲目的な 信仰(しんこう) を破れ!

Rise up people!! It's the day to say goodbye to the fools!!
判断停止馬鹿の証拠 軽薄な見世物の餌食!

Hey you junky, it's the time to wake up and realize!!
中毒患者目を覚ませ!Make thumbs down! and 思考セヨ!

   03.501

藍(あい) 深い空 百合の花の様に
愛 唄う鳥 いつも話続ける
再会の度 笑う君の姿と
再会の度 細くなる体と

咲き始めた風景を 通り過ぎたね
途切れた言葉はもう 今日に捨てた

消えかけてた部屋の中で
君だけでは 儚すぎて
冷えた指がまたねと告げ
振り返るは 罪

何もかも失って 好きと言えば
ほらいつまでも今だって君は笑うよ
ただ切なくて悲しいと嘆くこの無力の鳥籠

灰色と舞い 今を閉ざしながら
毎回誓い 夢を見ていました
何度目の空 弓を浮かべる宵
何度目の日々 無理を願いました

咲き乱れた風景を 通り過ぎたね
途切れた心はもう 過去に捨てた

遠い遠い 祭り囃子(ばやし)が
いつか消えて 気付いて泣いた
童(わらべ) が泣く 頭を撫でる
きっと君が

消えかけてた部屋の中で
君だけでは 儚すぎて
冷えた指がじゃあねと告げて
振り返るは 罪

何もかも失って 好きと言えば
ほらいつまでも今だって君は笑うよ
ただ切なくて悲しいと嘆くこの無力の鳥籠

   04.ハルシオン

硝子の向こうに 映る自分は
眠れない夜に 無力さを嘆いて
虚像(きょぞう) の声に怯えていた
迷子の子供のように泣いて
溢れ出す 喪失(そうしつ)感を 愛で塞いで
無くした夢の果て
君を見つけた

この世界の片隅で
ただひとつ信じられる
君の温もりを抱いて
深く深く沈んでゆこう

何度も傷つけ 感覚を忘れた
鼓動が痛みに 変わることを知った

虚空(こくう)の闇に怯えていた
手を差し伸べて欲しかったんだ
薄れゆく現実感を 愛で塞いで
無くした感情を
君が見つけた

この世界は残酷で
僕を刻み続けるよ
君の指先に触れて
深く深く繋がっていたい

裸足で歩く 無邪気な記憶
もう戻らないと知っても
胸を焦がし続ける

君の笑顔 淡い光が

僕の腕を目を心を
侵食してゆくよ

この世界の終わりへと
少しずつ向かってゆく
僕のまぶたの上から
そっとそっとくちづけてよ

二人の世界だけが
真実になるのならば
甘んじて受け入れよう
深い深い眠りにつこう

   05.ALICE iN BLACK MARKET

午前【00時13分54秒】 視覚を S×D↓(シャットダウン)
午前【05時30分29秒】 規則的な朝
午前【09時28分04秒】 カレとの約束
午前【10時42分03秒】 手を繋ぎ笑う

I am seeing you until die forever.

(いつ?)→(何処で?)→(何を?)→(どうしたの?)
(何時?)→(何分?)→(何秒?)でさえも
全部 date input 済みのアイドルさ

壊れてゆく姿を見せて 君は僕だけの Marionette
「愚者ノ皆様、本日ハ貸シ切リデ御座イマス。」
終わらない悪夢(ゆめ)魅せてあげる 感覚が痺れちゃうまで
「不思議ノ世界ヲ黒デ染メル悪魔ノ計画サァ。」

In my imagination 独りよがりで成立する夢
In my realization 頭の中でその身体(み)に触れた

午後【12時06分18秒】 Kcal 摂取済み
午後【03時14分23秒】 欲望の紐解く

午後【06時03分54秒】 体温上昇検知
午後【10時40分11秒】 恍惚(こうこつ) に飲まれ

I am seeing you until die forever.

(いつ?)→(何処で?)→(何を?)→(どうしたの?)
(何時?)→(何分?)→(何秒?)でさえも
全部 date input 済みのアイドルさ

乱れてゆく姿を見せて 君は僕だけの Marionette
「愚者ノ皆様、御精算ハアチラデ御座イマス。」
繰り返す悪夢(ゆめ)魅せてあげる 感覚が狂っちまうまで
「鏡ノ世界ヲ黒デ染メル悪魔ノ計画サァ。」

In my imagination 妄想内で構築する夢
In my realization 心の中でその身体(み)を抱いた

壊れてゆく姿を見せて 君は僕だけの Marionette
「愚者ノ皆様、御退場ハコチラデ御座イマス。」
終わらない悪夢(ゆめ)魅せてあげる 感覚が乱離(らんり)っちまうまで
「不思議ノ世界ヲ黒デ染メル悪魔ノ計画サァ。」

In my imagination 独りよがりで成立する夢
In my realization 頭の中でその身体に「 ※自主規制 」た

   06.egoistic lovers

重ね合う 唇に 隠れた貴方の心
我が儘な そのエゴで 私を白く染めて

ガラス細工の様に 色付く街並
誘うネオンの明かり ヒラヒラ蝶達

情欲に溺れる夜 甘い香りの中で
溢れる蜜をどうか 舐め回して 犬の様に

絡み合う 身体中 暴いた貴方の心
ありふれた 言葉より 私を強く抱いて

寂しげなこの街を 月明かり照らす
私達の姿を 怪しく包んで

心隠したシャドー 嘘で固めたルージュ
溢れる蜜をどうか 掻き回して 幾度となく

堕ちてゆく この夜と 無邪気な貴方の笑顔
我が儘な そのエゴを 私の中に出して 嗚呼

数え切れない夜 乾かない想い全て包む
溢れ出す雫を このまま貴方に 今 飲み干されて

燃え上がる この身体 何度も貴方を求め
薄紅の 花びらを 貴方の色に染めて

明日には 消えてゆく 刹那の温もりを
ならせめて 今だけは 私と強く抱いて

   07.celluloid

いつまでも 遠い過去でも
君がいて 僕がいて
道の果て 見えない不安も
小さな声 押し殺して

冷たい空気も 止まない雨も
重い心も 言葉も
光が差し込んで 歩き出せるのは


いつだろう

色褪せたこの色も 君に伝えたい
何の意味もないけれど
夜明けは来ないよと 聞こえない振りして
いつの日にか 笑っていられるかな

騒ぎ出す 微かな予感を
溢れ出す 期待を
少しずつ 探し続けても
虚しいだけ いらない

つまらない一日が終わり
長い夜は恐(こわ)くて
また朝が来るけど 何も見えないのは
何故だろう

何一つ変わらない 待ち続けてても
誰も救われないけれど
希望なんてなくても 僕は生きてくから
そんな強がり 虚しく響いていた

呼吸さえ 覚束(おぼつかすず
全て僕のせいだけど
聴きたい音があるよ 知りたい事もあるよ
前だけ見つめているよ

色褪せたこの色も 君に伝えたい
何の意味もないけれど
夜明けは来ないよと 聞こえない振りして
いつの日にか 笑っていられるかな

   08.アメノチフタリ

鏡を見たら 眠たそうな自分(ひと)が あわてている

雨のち晴れだってさ 今日の天気予報は
大事な日だからかな 今は傘は要らない

会ったら何を言おうかな ずっとずっと前から決めていた なのに
「おまたせ」言われて忘れた 苦し紛れに出た言葉「晴れてよかったね」

空模様のように今すぐ 二人の未来も予報してみたら何か判るかな


傘はまだ 閉じたままで

突然降りだす夕立 まるで雨がチャンスをくれたのかのように

空がキミとの距離を少し近づけて 瞳(め)が合ったキミは照れ隠しの笑顔
傘はふたりの間に 本当は雨はキライ でもたまになら雨もわるくないね



創作者介紹

結果論✮

huan 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()