cover.jpg
発売日:2010年10月13日

【專輯介紹】
音楽シーンに一石を投じる「両聲類」アーティスト、「ピコ」のデビューシングル!
幅広い音域を歌いこなすことができる「両聲類」として、各動畫サイトでの関連動畫総再生數は2500萬回を超えるカリスマ「歌い手」のメジャー初作品。
ただ高いだけではなく、獨特のフェロモンに溢れたヴォーカルは今までのメジャーシーンでは聴くことができなかった、まさに「両聲類」!
誰もが感じたことのある葉わない思いや願いを綴った詩は、彼の決心・願望でもあります。
ピコの聲の魅力を十分に活かしたキャッチーなメロディーを豪華サポートメンバーの演奏が支えています!必聴!!
ピコプロフィール
2007年に動畫投稿サイトに自ら歌った曲を投稿することからその活動を開始。
その動畫は瞬く間にWEBユーザーの間で話題となり、 各動畫サイトでの関連動畫総再生數は2500萬回を超える。
2010年3月27日にはCDデビューから渋谷AXワンマンライブの最短記録となる、初のワンマンライブ「「Infinity」~AXの無駄遣い~(仮)★」を渋谷AXで行った。
2010年10月13日にシングル「Story」でメジャーデビュー。

221.gifstory
ずっと離さないで 壊れる位に
屆かない想いでも構わない
もっとあたしを知って 呆れる位に
終わらない夢の中で君といたい

ガラス越しに眺める 君の聲は
心彩る虹の花
その場限りでいい 枯れた花を
君色に染め上げて
空っぽの部屋 映し出された
君の寫真が笑う

ずっと離さないで 壊れる位に
屆かない想いでも構わない
もっとあたしを知って 呆れる位に
終わらない夢の中で君といたい

君がいればいいと 獨りぼっち
時が止まった部屋の中
変わらないモノだと 噓をついて
閉ざした鍵を捨てた
気付けば君は 扉の向こう
そばにいたはずなのに

ずっと愛していて 溢れ出すほどに
屆かない想いでも構わない
もっとあたしを見て 穴が開くほどに
眠らない夜の中で君といたい

自ら捨てた はずの意識を
もう一度 握りしめた

もっとあたしを知って呆れる位に
屆かない想いでも構わない

ずっと離さないで 壊れる位に
終わらない夢の中で君と
きっと葉えるよ 君のstory
本當の君の元へ會いに行くよ

221.gifセピア
巡りめぐる季節(とき)の中で 何度も何度もたどる程に
やがて褪せてくのでしょう

寝覚めが悪い日々の
朝靄(あさもや)で点(た)てる珈琲を
例えば君と同じように
角砂糖で誤魔化すよう上手くはいかないね

突然の雨 君との最後も 今日と似た色で空が泣いた

ゆらり揺れる夢の中で 君を君だけを追いかけて
やがて届かない幻
遠く遠い時間(とき)をこえて 変わる事のない笑顔で
そっとセピアに染まる二人

明日も君と居れるだろうか
当たり前が投げかける悪戯
終わりが始まり告げ
いつからか気付かないまま君が遠くなった

君の口癖 仕草や声が 甦るから君の全てが
ふたつ揃えた グラスのひとつで 流し込んだ 静けさ 切なさ

ふわりふらり溺れて痴(し)れて 心も体も嘘に預け
まるで甘くはない果実(かじつ)
長く長い夜を終えて自分の弱さを知った朝に
強く静かに泣いた 嗚呼

あの日あの時あの場所で交わした言葉も意味をなくし
輝きさえ失くした二人も
巡りめぐる恋の中でそれぞれ選んだ道を歩き
やがて忘れゆくのでしょう きっと

221.gif飴か夢
いつかの日は沈む
不知何時日已西沈
明日はもう目覚めなきゃ
明天已經不得不醒來
靜かに眠れない
於安靜中無法入眠
言葉が溢れ出した
言語自內心不斷湧出
ドコハココナノ
何處才是此處

不満気な様でだるく
帶著不滿姿態疲倦地
息を吸い込む
吸入空氣
仕方ないふりで
裝作沒有辦法的樣子
睨み吐き出す
吐出威壓
それが無駄と気づき
在意識到那只是無用功
髪を切った朝に
剪斷頭發的清晨
自由を失って 僕は生まれた
喪失自由的 我宣告誕生

どこまでも導いて
無論何方都請將我指引
砂の城の神様
砂礫之城的神明
ただ無知な僕らに 飴を下さい
請向如此無知的我們 賜下糖果
吐き出すほどに
直到從手中溢出

青い青い空 見下ろさないでよ
碧藍如洗的天空 不要向下俯視
僕は飛べないよ
我無法飛去啊
白い白い羽なんて いらないよ
純白如雪的羽翼之類 不需要啊
きっと眩しすぎて
一定太過刺目
鈍色に染め上げた
被深灰染盡的
首輪が僕に似合う
項圈才與我相配

ありふれた神様は 自分が嫌いで
平凡普通的神明 厭惡著自己
右へ倣えが好き デザートも好き
既喜歡模仿別人 也喜歡甜點
生まれ來る前から 一応足りてる
自我誕生之前起 就大體足夠
そんな楽園を カラスも笑う
這樣的樂園 烏鴉也發出嘲笑

首輪をはずした時
項圈取下之時
立ち盡くす僕は誰?
始終佇立的我是誰?
この無様な犬に 夢を下さい
請向這喪家之犬 賜下美夢吧
「神様」ならば
若你正是「神明」

広い広い空 鳥が羽ばたいた
廣闊無邊的藍天 飛鳥自在翺翔
僕も飛びたいよ
我也好想飛啊
高く高く飛び 孤獨になりたい
想要化作飛翔高遠高空的孤獨
それができるのなら
若是能夠做到
曖昧にすがりつく
於曖昧中糾纏不清
僕はどこまで無力?
我是何等無能?

青い青い空 見下ろさないでよ
碧藍如洗的天空 不要向下俯視
僕は飛べないよ
我無法飛去啊
白い白い羽なんて いらないよ
純白如雪的羽翼之類 不需要啊
きっと眩しすぎて
一定太過刺目

鈍色に染め上げた
被深灰染盡的
首輪が僕の姿
項圈是我的身姿
鳥達が飛んでいく
飛鳥們漸行漸遠
いつかの僕のもとへと
向曾經的我身邊

創作者介紹

結果論✮

huan 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()